概要

QNX®ハイパーバイザーは、リアルタイム コネクテッド 組み込みシステム用のタイプ1仮想化ソリューションです。QNXハイパーバイザーを使用することで、組み込み開発者は複数のオペレーティングシステムを1台のコンピュータープラットフォームまたはシステムオンアチップ(SoC)に統合し、システムデザインのコスト、サイズ、重量、消費電力を低減しながら、クリティカル アプリケーションと汎用アプリケーションの明確な分離と切り離しを行うことができます。

QNXハイパーバイザーは、システムアーキテクトと機器メーカーが安全でセキュアに複数オペレーティングシステムを互いからセキュアに切り離して1台のハードウェア プラットフォームに実装できるようにすることで、製品の全体的コストを大幅に削減できます。

  • 仮想マシン用の共有および直接デバイス割り当て
  • 非修正オペレーティングシステムを実行するフレキシビリティ
  • リアルタイムとセーフティクリティカル アプリケーションをLinux/Androidアプリケーションから切り分ける
  • システム構成とリソース割り当ての簡素化
  • 高速VM間通信チャネル
  • セーフティクリティカルな切り分け
  • 機器の切り分けと共有
  • 安全認定の保持
無償30日間評価版
無料試用を開始
近日開催予定のウェビナー
ウェビナー受講登録
詳細情報が必要ですか?
セールスチームにご連絡ください

製品のアクション

利点

  • セーフティクリティカルな切り分け
  • コンポーネントの共有
  • 安全認定の保持
  • 安全システム用のその他のオプション

テクノロジー

QNXハイパーバイザーは安全でセキュアなコンピューティング用製品のQNXポートフォリオの最新のものです。これは、以下のテクノロジーと機能を活用して、クリティカル操作の強力な切り分けを行う一方で、ハードウェアの統合によるコスト削減のニーズにも対応しています。